2月, 2018年

学校だより 12号をアップしました。

学校だより 12号をアップしました。

第二回児童総会

2月22日(木),第2回児童総会が行われ,1年間の活動を振り返りました。「児童会活動によって,みんなが楽しい学校生活が送れて良かった」「ボランティア活動やエコ活動の取り組みはこれからも続けていきたい」など,活動を評価する意見がたくさんでました。また,それぞれの委員会活動に対する感謝の気持ちを伝える発言もありました。今年度の成果と課題を,しっかりと来年度に引き継ぎ,これからもよりよい新田小学校をみんなの力で作り上げてほしいと思います。

総会終了後には,今年度の児童会役員から来年度の児童会役員への引き継ぎ式が行われました。現児童会長から来年度の児童会長へ,励ましの言葉とともに,未来の扉を開く鍵が手渡されました。来年度会長からは,「みんなが明るく楽しいと思う学校にしていきたいと思うので,みなさんのご協力をお願いします。」と新田小の良き伝統を引き継ごうと力強い決意が述べられました

地域を知る 天野さんのお話

2月7日(水)の3校時,3年生の社会科の時間に,学校の近くにお住いの天野さんにおいでいただき,新田地区の昔の様子や文化財についてお話していただきました。天野さんが子どもの頃の様子もお話いただきました。また,以前,新田地区にある文化財を見学に行った際の「道祖神や馬頭観音がどんな意味をもっているのか」という疑問にも,ていねいに答えていただきました。

そして,「話を聞いて不思議だなと思ったことがあったら本で調べたり,人に聞いたりして学ぶことは楽しいこと」,「自分が住んでる地域に目を向けることの大切さ」といった3年生の子どもたちへのメッセージも織り交ぜてお話をいただきました。子どもたちは,天野さんのお話に真剣に聞き入っていました。

 

第二回 学校評議員会開催

学校評価アンケートの集計(ABCDの4段階)がまとまりました。その結果を踏まえて,2月21日(水)学校評議員会・評価委員会を行い,学校運営についてのご意見をいただきました。

まず,「学校教育目標の達成」に係わる質問項目では,どの項目もAとBを合わせて約95%以上,「学校経営・学年経営」についても約90%以上がAとBという結果でした。しかし,僅かとはいえ,CやDの評価がある項目に目を向け,課題改善に取り組むようにとご指導をいただきました。

次に,「学習指導と生徒指導等」の項目では,昨年度と同様に,保護者や児童の回答にCとDの評価があり,多い項目で30%,少ない項目でも10%がCとDという項目がありました。特に保護者の「わが子は自分から学習に取り組んでいる」という項目は,最も低い評価でした。学校評議員会では「家庭の協力の得る努力が必要」「学ぶ時間だけでなく,学習内容や自主学習の重要性について家庭の理解を得ることも大切」等のご意見をいただきました。

地域との連携の項目では「授業参観やPTA活動の内容・日数」にCとDの評価がありましたが,他はほぼAとBという評価結果でした。「あいさつは,地域の大人からの声かけが大事」といったご意見がありました。この他,児童数減少に係わる課題や学校行事の見直しについてのご意見もいただきました すべての評価結果の公表と学校評議員会の意見についての詳細は,3月初旬ホームページに掲載する予定ですので,ぜひそちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

4年生 二分の一成人式

2月21日(水) 10歳という節目の年を迎えた4年生が,「二分の一成人式」を行いました。講師に福田紀恵先生(ricorino いのちの教室代表)をお迎えして,保護者と一緒に「いのちの授業」のお話を聞きました。「今ここにみなさんが存在するのは,周りのたくさんの人々の愛に支えられてきたからです」というお話を聞き,今までたくさんの人々の支えによって自分が守られてきたことを実感しました。

富竹中学校 英語科出前授業

2月8日(木)富竹中学校の川口先生がFETのミケイラ先生とともに,6年生を対象に英語の授業をしてくださいました。この日の学習は,買い物をする場面の会話です。店員さんとお客さんとのやり取りで,紙で作ったお札や品物を使って練習し,みんなの前で発表しました。中学校入学も,もうすぐです。英語の授業への期待は一層高まりました。

なでしこ賞授賞式 友だち賞受賞

2月2日(金)

6年生の渕上真帆さんが,甲府市なでしこ賞の「友だち賞」を受賞しました。誰に対しても優しく接することができる真帆さんは下級生の面倒見がよく,何事にも前向きで学級をリードする存在です。同級生から信頼されているだけでなく,下級生からもあこがれの存在となっていることが受賞の理由です。 受賞式では,樋口甲府市長から直接賞状を授与され,笑顔で喜びを語っていました。

美術館でギャラリートーク

1月30日(火)美術館でギャラリートークが行われました。

子どもたちは,総合的な学習の中で県立美術館の展示作品を鑑賞する学習をすすめてきました。ギャラリートークは,その学習の成果をお客様の前で発表する場です。本校は学区内に山梨県立美術館・文学館があるため,地の利を生かして博学連携の取り組みを積極的に行ってきました。1年生の時から毎年数回,美術館を訪問し,絵画や彫刻,多くの美術作品に触れてきました。その中で自分が最も気に入った作品を,自分の言葉で紹介するのが目的です。数日前のリハーサルでは,同じ会場で下級生を前に何度も練習したおかげで,自信を持って発表できるようになっていました。当日はたくさんの保護者,地域の皆様に参観していただき,緊張しながらも,参観者の質問に笑顔で答えながら発表することができました。他県から訪れた観光客の方々から,「すばらしい取り組みですね」「子どもたちの発表する態度が立派で驚きました」など,お褒めの言葉をたくさんかけていただきました。

緊急連絡

ニュース

カテゴリー

Copyright© 2010 甲府市立新田小学校 All Rights Reserved.
住所:〒400-0066 山梨県甲府市新田町12−28 電話:055-228-7851 FAX:055-228-7859